Jibaro Times : La Mano Fria Report Part3 Rice and Beans 10 Year Anniversary

Jibaro Times : La Mano Fria Report Part3
Rice and Beans 10 Year Anniversary

期間:2006.12月9日(土)〜12月30日(土)
会場:UPLINK GALLERY
入場無料
企画・制作:RL66/UPLINK GALLERY
Jibaro Times : La Mano Fria Report Part3<br />Rice and Beans 10 Year Anniversary

渋谷のUPLINK GALLERYで、3回目となるLa Mano Friaのアートエキシビジョンを開催します。今回は、La Mano Friaことスティーヴン・カストロの活動の10周年を記念する展示を予定しています。また、今回のアートエキシビジョンを記念に限定T-Shirts"Rice and Beans 10 Year Anniversary"を制作しました。こちらはBEAMS Tで12月から販売予定となっております。

La Mano Fria (ラ・マノ・フリア)

Beta Bodega Coalition代表。クイーンズ出身、マイアミ在住。マイアミを拠点として活動するアンダーグラウンド・レーベル『Botanica del Jibaro』、『Arepaz』のレーベルオーナーであり、その全てのアートワークを手掛けている。コロンビア人とコスタリカ人の両親の間に生まれ、アメリカで育ちながらも、自らのルーツであるラテンアメリカを独自の視点で捉えた多岐に渡る活動を精力的に行う。"世の中の理不尽なシステムへの反発"、"戦う手段のひとつとしてのメッセージ"をテーマに細部にわたり工夫が施されたそのアートワークは、唯一無比のものであり、強力なメッセージ性を持つレーベル活動が、彼のアート活動そのものでもあると言える。
2004年には、バルセロナSONAR2004にも出演し、さらにオランダで個展を開催。2005年10月にはポルトガルでもレーベルショウケースとポスター展を行うなどヨーロッパにおける評価は非常に高く、2005年8月には、STUDIO VOICEの表紙にグラフィックアートを提供、UPLINK GALLERYで国内初となる個展を開催するなど日本での活動も非常に精力的に行っている。
マイアミを拠点とし、ヨーロッパ、日本と、インディペンデントではあるが、ワールドワイドな活動を行っている。

La Mano Fria

www.arepaz.com
www.betabodega.com
www.botanicadeljibaro.com
www.lamanofria.com

Rice and Beans 10 Year Anniversary Japan Tour

活動10周年を記念して、La Mano Friaのアートエキシビジョンの全国サーキットを開始します。過去UPLINK GALLERYで展示した作品を中心に展示します。また、会場では10周年を記念したRice and BeansのT-Shirtsなどの販売も予定しています。詳細は各会場にお問い合わせください。

12/15(金)〜1/14(日)@たつまき堂(長岡)
12/23(土)〜1/14(日)@NORM(金沢)
12/24(日)〜1/14(日)@METAPH(山形)

UPDATED 2006.11.19